mdbからaccdbへバージョンアップすべきか?簡潔に解説

現在mdbファイルをお使いで、今後accdbへバージョンアップすべきか?

と迷っているユーザー様は多いのではないでしょうか・・・

この記事ではmdbファイルをお使いのユーザー様向けに、

mdbとaccdbファイルの解説、そして弊社の見解を簡潔に述べさせていたさきます。

そもそもmdb、accdbとは何?

mdbもaccdbもAccessのファイル形式(拡張子)ですが・・・

mdbが古く、accdbが新しいファイル形式です。(●●●.mdb、○○○.accdb)

そして、ファイル形式が違うとできることも違ってきます。

① mdb:~Access97まで

② mdb:Access2000、2002、2003

③ accdb:Access2007~最新

上記mdbファイルには2つのバージョンがあり、
②のmdbファイルであればAccess2007以降でもファイルを利用できます。(動かせます)

mdbとaccdbの違いは?仕様

mdbとaccdbでは細かく違いがありますが、両者ともファイルサイズ制限が2GBです。

accdbにバージョンアップしたからといって容量の安心はできません。

よって、どちらも大きなシステム、大きなデータベースには向いていません。

詳しい仕様はMicrosoft社のページでご確認ください。

⇒ Accessの仕様

⇒ 使用が推奨されるAccessファイル形式

mdbをaccdbへバージョンアップすべきか?

さて、弊社の見解を述べさせていただきます。

お使いのAccessシステムに満足されていて、現状維持でよろしければ、

無理にバージョンアップされなくても良いと思います。

最新のAccess2019でもまだmdbファイルは利用できます。(動かせます)

ただ・・

Microsoft社がいつまでmdbファイルをサポート(下位互換)するかは分かりません。

余裕があれば、accdbへバージョンアップすることをおススメいたします。

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ