Access2019は64bit版が標準インストールなのでWindows APIエラーが発生する

Access2016以前のバージョンで作成したシステムが「Windows API」を使用している場合、
Accessの新しいバージョンで動かそうとすると、エラーで動かない場合があります。

「Windows API」を使用するために宣言している書き方が32bit用になっていることが原因である場合があります。
64版bitエラーについてはこちらから

 

Access2016までは、インストール プロセスを始める前に、明示的に 64 ビット版を選択しなければ、32 ビット版の Office が自動的にインストールされました。

新しいバージョン(Access2019、Office365の最新)では、明示的に 32 ビット版を選択しなければ、64 ビット版の Office が自動的にインストールされます。

 

Accessのビットが、インストールしたビットと動かそうとするAccessシステムのビットが異ることが、意図せずに起こります。
まだまだAccessの32bit版、64bit版を意識されてないお客さまが多いと思います。

マイクロソフトのサポートサイトをご覧ください。
64 ビット版または 32 ビット版の Office を選択する

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ