タブコントロールを使うときの注意点

Accessのフォームを改修していたときのことです。

このフォームにはタブコントロールがあり、

タブページの1ページ目にだけ、新たなラベルを追加する、という

ごくごく簡単な対応でした。

 

※全角100文字以内で入力」を追加するだけの対応。

 

項目を追加し終わって、動作確認していると・・・

 

1ページ目、問題なし!

 

2ページ目、・・・んん?

なぜかここにも同じラベルが。

 

3ページ目、・・・んんんん?

ここにも同じくラベルが!

 

全てのタブページにラベルが追加されてしまった・・・

1ページ目にだけ追加したはずのラベルが、

2~3ページ目にも追加されているのです。

 

何が間違っていたのでしょうか?

 

タブページの外にコントロールを置いていた

よく見ると、

追加したラベルが、タブページの外側にはみ出していました。

つまり、このラベルは、フォーム上に配置されています。

 

この場合、タブページが現在何ページ目かに関係なく、

常に、同じ位置にラベルが見えているのでした。

 

タブページの内側か、外側かに注意する

タブページにコントロールを追加する場合は、

ちゃんとタブページ内に配置されているか?

を確認しなければなりません。

 

追加するときは、

先に、追加する先のタブページを選択しておく必要があります。

(選択しておかないと、タブページの外にコントロールが配置されます)

 

マウスでタブページがうまく選択できない場合は、

画面右側の「プロパティシート」のプルダウンから、

「ページ1」など、タブページの名前を選ぶことでも選択できます。

 

タブページが選択されている状態で、コントロールを貼り付けます。

 

こんどは成功

再度、動作確認してみましょう。

 

1ページ目、問題なし!

 

2ページ目、問題なし!

 

3ページ目も、問題なし!

 

無事成功しました。

お客さまへ納品前だったので、大事に至らなくて良かったです。

 

まとめ

タブコントロールの中に、コントロールを追加するときは、

必ず、先に、タブページを選択してから、

タブページの内部にコントロールを貼りつけるよう、

ご注意ください。

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ