すぐ使える!Accessの便利なショートカットキー3つ

Accessで使えるショートカットキーはたくさんあり、覚えるのは大変です。

 

そこで、今回は、

すぐに使える便利なショートカットキー3つ

を、ご紹介します。

 

(1)Access内のウィンドウを切り替える(Ctrl + F6)

Accessワークスペース内のウィンドウを切り替えます。

 

例えば、下図のように、ウィンドウ(赤)がアクティブのとき、Ctrl + F6 を押すと・・・

 

ウィンドウ(青)がアクティブになります。

 

もう一度 Ctrl + F6 を押すと・・・

ウィンドウ(緑)がアクティブになります。

 

このように、アクティブなウィンドウを順に切り替えることができます

 

※ウィンドウが閉じることはありません。

 

ウィンドウが3枚以上開いている場合は、

Shiftキーも一緒に押すことで、逆順に切り替えることもできます。

Ctrl + Shift + F6

 

F6キーは、Ctrlキーから最も遠い場所にあるキーなので、

ちょっと押しにくいですね・・・

右Ctrlキーがあるキーボードをご使用の場合は、

右Ctrl + F6 の方が押しやすいかもしれません。

 

(2)タブページを切り替える(Ctrl + Tab)

Accessフォーム上のタブページを切り替えることができます。

 

以下のように、フォーム上にタブページがあり、

ページ1がアクティブになっているとします。

 

 Ctrl + Tab を押すと、ページ2に切り替わります。

 

もう一度、Ctrl + Tab を押すと、ページ3に切り替わります。

 

最後のページで、Ctrl + Tab を押すと、タブページ1に戻ります。

 

タブページが3ページ以上ある場合は、

Shiftキーも一緒押すことで、逆順に切り替えることもできます。

Ctrl + Shift + Tab

 

(3)Access内のウィンドウを閉じる(Ctrl + F4)

Accessワークスペース内で開いているウィンドウを閉じます。

 

ウィンドウの右上の「×」ボタンをクリックするのと同じです。

 

ウィンドウ(赤)がアクティブの時、Ctrl + F4 を押すと、

ウィンドウ(赤)が閉じます。

 

その下のウィンドウ(青)がアクティブになります。

 

ここでまた、Ctrl + F4 を押すと、

ウィンドウ(青)が閉じ、

その下のウィンドウ(緑)がアクティブになります。

 

ここでまた、Ctrl + F4 を押すと、

ウィンドウ(緑)が閉じます。

 

Accessアプリ側で、ウィンドウを閉じられないよう、

「×」ボタンを押せなくしているなど、制御されている場合は、

ショートカットが効かない場合があります。

 

まとめ

Accessの便利なショートカットキーを紹介しました。

ショートカットキーを知っていると、作業の効率が大幅にアップできるので、

ぜひ覚えて、使ってみてください。

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ