【1分で分かりやすく】Microsoft365とOffice365の種類まとめ

Microsoft 365 と Office 365 何が違う? 

分かりづらいな・・・と思っていませんか?

なんかモヤモヤする。

私自身そう思っていたので、、、この記事を書くことにしました。

この記事では「Microsoft 365 と Office 365」の分かりづらいモヤモヤを、

最短・最速でクリアにするため、図解で分かりやすく解説いたします。

Microsoft 365 と Office 365 は同じもの?

Microsoft 365 と Office 365 は同じものです。

もともとは「Office 365」という名称でしたが、

2020年3月頃から「Microsoft 365」に名称を変更したようです。

Microsoft 365(ウィキペディア)

まだ・・・Office 365 が残っている?

はい、Office 365 が残っています。

まだ、Office 365 という名称で販売(一部)されています。

Office 365の販売ページ

ココが・・・モヤモヤするポイントですね!

下記の図を見てください。↓↓↓

分かりやすく図解しました。

※2021年11月、マイクロソフト社のホームページを元にした情報になります。

Microsoft 365

製品名(Microsoft 365 月相当 対象(〇〇向け) Access含む
Personal 1,284円 家庭向け
Apps 900円 一般法人向け
Apps for enterprise 1,300円 大企業向け
Business Basic 540円 一般法人向け
Business Standard 1,360円 一般法人向け
Business Premium 2,180円 一般法人向け
F3 870円 大企業向け
E3 3,480円 大企業向け
E5 6,200円 大企業向け

Office 365

製品名(Office 365 月相当 対象(〇〇向け) Access含む
E1 870円 大企業向け
E3 2,170円 大企業向け
E5 3,810円 大企業向け

まとめ

あなたのモヤモヤは解消されたでしょうか?

意図はわかりませんが・・・

Office 365 という名称で、まだ販売されているプランがある。

Office 356 E1
Office 356 E3
Office 356 E5

 

以上、最短・最速で分かりやすく説明をさせていただきました。

情報が足りない部分はご容赦くださいm(__)m

 

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ