お客さまのAccessについて、まず知りたい3つのポイント

新規のお客さまから

Accessのトラブル・バグ修正・バージョーンアップ等でお問合せがあった際、

我々が真っ先に知りたい情報が3つあります。

それは

 1.Accessのバージョンとビット数

 2.Windowsのバージョンとビット数

 3.Accessを利用しているパソコン台数

詳しく解説していきます。

1.Accessの「バージョン」と「ビット数」

Accessに2013、2016、2019、365などのバージョンがあることは

みなさんご承知かと思いますが・・・

さらに、そのAccessのバージョン毎に32bit版と64bit版があることをご存知でしょうか?

Access 2016までは、標準(自動的に)で32bit版がインストールされましたが、

Access 2019以降は、標準(自動的に)で64bit版がインストールされます。

こちらの記事もご参考に

2.Windowsの「バージョン」と「ビット数」

Windowsに7、8、10などのバージョンがあることは、みなさんご承知かと思います。

Accessと同様に、Windowsにもバージョン毎に32bit版と64bit版があります。

ただ、Windows7以降は64bit版が主流ですので、

あえて32bit版を選んでいなければ、お使いのWindowsは64bit版だと思います。

3.Accessを利用しているパソコン台数

ご利用中のパソコン台数を把握されているでしょうか?

常時Accessファイルを開いているパソコン台数を教えていただければ、

お客さまの使用環境をイメージしやすくなり、

現状の問題点や課題に対してスムーズなご回答が可能になります。

その他

上記3つ以外に、さらに我々が知りたい情報があります。

それを箇条書きで書かせていただきます。

【システム面】

・システムの用途(使用する業務など)
・Accessファイルの数
・外部システムとの連携有無
・個人情報や機密情報の有無
・Accessファイルのバックアップの有無

【対応面】
・弊社からの連絡方法(メール or 電話)
・Accessファイルの提供可否・提供方法(訪問 or メール or 郵送)
・費用感(安く対応 or 手厚く対応)
・希望納期

【詳細情報】
・不具合の詳細
・ご要望の詳細

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ