古いAccess97を機械的にバージョンアップしました。

Accessで受発注管理をされているお客さまから、バージョンアップの依頼が入りました。

お客さまの状況、及び弊社の対応を書かせていただきます。

お客さまの状況

お客さまの要望:

「新しいパソコンでAccessが動かない」

「古いパソコンでAccessが動いているので、今のところ業務に支障はない」

「今後のため、Accessをバージョンアップしたい」

 

<古いパソコンの環境>

OS:Windows 7
Access:Access 2003

<新しいパソコンの環境>

OS:Windows 10
Access:Access 2019(Office2019)

エラー原因

エラーメッセージ:

「前のバージョンのアプリケーションで作成されたデータベースを開くことはできません。」

エラー原因:

Access 97で作られたAccessファイルを、最新のAccess(Office)で開いたためです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
前のバージョンのアプリケーションで作成されたデータベースを開くことはできません。

弊社の対応

Accessの標準機能を使い機械的にバージョンアップしました。(2段階)

1段階:

Access97のファイルをAccess2003で読み込み、Access2003形式(mdb)にファイル変換しました。

(Access97 ⇒ Access2003へ)

2段階:

Access2003に変換されたファイルをAccess2019で読み込み、最新Access形式(accdb)にファイル変換しました。

まとめ

機械的なバージョンアップだけで対応できましたので、

時間も費用も少なく済みました。

※お客さまご自身でもバージョンアップできる内容です。

 

今回のように機械的なバージョンアップだけで済んだ理由のは、

Accessの中で「VBA、マクロ、Windows API」を全く使っていなかったからです。

「VBA、マクロ、Windows API」を使っていたりすると、ファイル変換後にエラーが発生する可能性が高いです。

そして、そのエラーを一つ一つ潰していかなければなりません。

この状態になると、、、どうしても「時間も費用もかかる」ことになってしまいます。

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ