クエリー”は破損しています。Windows Updateによるエラー対処法

突然、Accessシステムの保守をしているお客さまから連絡が入りました。

『実行時エラー ‘3340’:』

『クエリー”は破損しています。』

また、、Windows Updateの仕業・・・

2019年11月13日のWindows Updateが原因です。

対処法をご紹介いたします。

Accessバージョンの影響範囲

弊社で確認できているのは下記バージョンです。
そして、32版、64版の両方でエラーが起きています。

Access 2010、2013、2016

 

<追記2019/11/21>

Access2019、Office365でも今回のエラーが起きることを確認しました。

上記2つバージョンは対処法が異なり、ロールバックが必要になります。

ロールバックのやり方はマイクロソフトをサイトをご連絡ください。
Office 365(2016、2019)をロールバックする方法

対処法

Microsoft社のアナウンスでは、2019月12月10日にWindows Update修正プログラムが公開されるようですが・・・来月まで待ってられませんよね。

該当のWindows Update更新プログラムをアンインストールし暫定的な対応をしてください。

1)該当の更新プログラムを削除する。

Access 2010: KB4484127
Access 2013: KB4484119
Access 2016: KB4484113

2)削除した更新プログラムを、一時的に再インストールされないようにする。

やり方はお使いのOSに合わせてググってください。


<追記>
マイクロソフトのコミュニティにも情報があります。
2019年11月アップデート(KB4484113、KB4484119、KB4484127)導入後における「クエリが破損しています。」エラーの発生について

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ