「データの表示と書き込みを行う権限がありません」

テーブルリンク先のファイルにアクセス権限がない

以前Accessファイルをセットアップしていたときのことです。

 

2つのファイルに分かれているAccessでした。

・フロントエンド用のAccessファイル(クライアントPCに設置)

・バックエンド用のAccessファイル(サーバーに設置)

 

Accessファイルを設置するサーバーの、共有フォルダは、

セキュリティ強化の目的で、

一部の権限のある人だけ参照できるよう、アクセス権限を設定していました。

 

もし、データ用のAccessファイルを直接開くと、

誰でも全てのテーブルを見ることができてしまいますよね。

 

そこで、バックエンド用のAccessファイルを開けるのは

一部の権限のある人だけにしようと思い、アクセス権を設定したところ、

権限がない人は、フロントエンド用のAccessを起動したときに

エラーメッセージが表示されるようになり、

Accessが使えなくなってしまいました。

「ファイル××を開くか、書き込むことができませんでした。他のユーザーが 排他的に開いているか、データの表示と書き込みを行う権限がありません。

 

このことから、リンクテーブル先のファイルにアクセス権がない人(クライアントPC)は、

リンクテーブルも接続できなくなることがわかります。

アクセス権限がないAccessファイルは、リンクテーブルも接続不可。

 

全てのユーザーが読み書きできなければ、運用ができないので、

仕方なく、アクセス権は設定しないことにしました。

 

うまくアクセス権を設定すればセキュリティ強化に

今回のAccessでは、うまく行きませんでしたが、

このことをうまく応用すれば、

Accessのセキュリティを強化することができます。

たとえば、

・管理者のみ閲覧可能なデータベース「A」ファイル

・全ての人が閲覧可能なデータベース「B」ファイル

の2つのバックエンド用Accessファイルを作り、

「A」のファイルには、管理者だけアクセス可能なように、

ファイルの権限を設定します。

そうすることで、権限のない人は、

「B」のファイル内のデータだけ開くことができるように制限できます。

 

リンクテーブルを「A」と「B」のファイルに分けて設定するだけなので、

少しの手間でセキュリティーを強化することができます。

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ