対処法:フォームを開くことができません。エラー番号:2121

今までトラブルもなく使えていたAccessが・・・突然

フォーム(画面)が開けなく、表示されなくなることがあります。

 

その原因は「フォームが壊れた」可能性があります。

Accessから以下のような画面・メッセージ・エラー番号が出ていませんか?

 

‘〇△◇画面’ フォームを開くことができません。
このフォームには、〇△◇システム が認識できないデータが含まれます。
フォームを作成し直してください。データベースのバックアップがあるときは、バックアップファイルからフォームを復元してください。

 


エラー番号:2121

 

フォームが壊れる原因は?

フォームが壊れる原因は明確に判断はできませんが、
同じAccessファイルを「同時に複数人で開いている」場合に壊れる可能性が高まります。

我々の経験では「フォームが壊れた」というお客さまのほとんどが上記状態でAccessを使っていました。

対処法として

バックアップ(フォームが壊れる前のAccessファイル)があれば、
バックアップのフォーム(壊れていない)を現在お使いのAccessファイルにインポートし復元することができます。

フォームのインポートはAccessの標準機能にあります。
しかし、Runtime版をお使いの場合はインポートできません。

バックアップが無い場合は、フォームを作り直すしかありません。

今後の対応として

フォームの復元に成功したとしても、
同時に複数人で開いている」状態を続けると、またフォームが壊れる可能性があります。

フォームを壊さないために、弊社ではAccessファイルを2つ分ける方法をおススメしております。

通常1つAccessファイル内にフォーム(画面)とデータベース(情報)が一緒に入っていますが、
フォームとデータベースを分け2つのAccessファイルを作る方法です。

詳しくはお問合せください。

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ