Accessの64bit版と32bit版はどっちを選ぶべきか?

Access(Office)には64bit版と32bit版がありますが、

意識して使っている人が少ないのではないでしょうか。。。

また、AccessはOffice製品の一部でOfficeのエディションによってAccessが入っていないエディションがあります。

(Access単体でもライセンス購入することはできます。)

こちらの記事では、Access(Office)の64bit版と32bit版を選ぶポイントをお伝えしたいと思います。

64bit版=新しい

32bit=古い

結局、64bit版と32bit版どっちがいいの?

結論から言いますと、64bit版です。

詳しくはこちらマイクロソフトのページをご覧ください。

端的に言いますと、

「64bit版の方が機能的に優れています。しかし32bit版時代の機能を踏襲するのであれば32bit版を使ってください。」

これから新しくAccessでシステム構築される方は、間違いなく64bit版を選んでください。

32bit版時代からAccessをお使いの方は、ケースバイケースで選択が必要です。

64bit版と32bitは混在できない

Office製品は64bit版、32bit版どちらかしかインストールできません。

例えば、

パソコンに64bitのExcel、Wordが既にインストールされていたとします。

この場合、32bit版のAccessはインストールすることはできません。

 

Accessをバージョンアップする際に気をつけてください

長年使ってきたAccessをバージョンアップされる際、

次は64bit版にするか、それとも32bit版のままでいくのか議論があるかと思います。

議論の前に・・・

お使いのパソコンで既に64bit版のOffice製品をインストールされている場合、

そもそも32bit版のAccessをインストールすることができませんのでご注意ください。

こちらの記事も合わせてご覧ください。
Access2019は64bit版が標準インストール

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ