Accessのレポートがコピーできなくなった

Accessでレポートを印刷していて、
既存のレポートとよく似た、別のレポートが欲しくなったとき、
皆さんはどうしますか?

多くの人が、すでにあるレポートをコピーして、
レイアウトや文言をちょこっと修正し、
新しいレポートとして利用するかと思います。

ところが以前、お客さまから、
レポートをコピーしようとしたところ、
下記のエラーとなり、レポートがコピーできなくなったので、
見てほしい、
というお問い合わせをいただきました。

既存のモジュール、プロジェクト、オブジェクト ライブラリと名前が競合しています。

お客さまのAccess環境

・Windows10 + Access2013
・画面とデータがすべて1つのAccessファイル(mdb形式)

レポートが破損していた

お客さまからAccessファイルを送っていただき、確認すると、
一部のレポートだけ、コピーできなくなっていました。

よくよく調べたところ、
何らかの原因でレポートが破損しているようで、
元通りに修復することは不可能となっていました。

過去のバックアップファイルから復元

幸いにも、このときのお客さまは、
定期的にAccessファイルを別の場所にコピーし、
バックアップとして残してくれていました。

そのバックアップファイルを元に、
破損する前のレポートを復元したところ、
それ以降、
レポートをちゃんとコピーできるようになり、
問題は解決しました。

まとめ

今回のお客さまは、
Accessファイルを小まめにバックアップしてくれていたので、
短時間でトラブルを解決することが出来ました。

このことから、バックアップは万が一のときに非常に有効です。
Accessをお使いでしたら、
バックアップをこまめに取っていただくことをおすすめします。

弊社では、お客さまのPCを自動的にバックアップできるようにする設定も
行っておりますので、詳しくはお問い合わせください。

余談となりますが・・・

今回のお客さまは、弊社からかなり遠方のお客さまです。
そのため、お問い合わせの事象を確認するため、
お客さまの同意をいただいたうえで、
弊社が運用しているリモートツールを利用し、
不具合の事象を見せていただいたり、
リモートツールのファイル転送機能を使って、
不具合の起きるAccessを送っていただいたりしました。

リモート対応を使うことで、問題の事象の確認や、
原因究明をいち早く行うことができます。
今後も、リモート対応を活用できる場面が増えると思います。

リモート対応についての関連記事

お客さまのAccess不具合をリモートで復旧しました!

Access開発サポートがわかる、
3つのコンテンツ